株主・投資家の皆さまとの建設的な対話に向けての方針

 当社は、「コーポレートガバナンス・コード」の精神・趣旨に則り、株主・投資家の皆さまとの建設的な対話を通して、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に資することを目的として本方針を定めております。

  1. 当社では、IR所管取締役を選任し、
     
  2. 経営管理部をIR担当部署としております。
     
  3. 当社では株主総会を株主との対話の最も重要な機会ととらえており、その内容充実に注力しております。まあ、株主総会に続き株主懇談会を開催し、株主からの総会議題以外の様々な質問、意見を当社経営陣が受ける機会も設けております。投資家に対しては、年に2回決算説明会を開催し、個別訪問や個人投資家説明会なども実施しております。決算説明会の状況は、後刻当社ホームページに動画にて開示を行っており、説明会場に来場いただけない方への情報提供の機会としております。
     
  4. 株主総会でのご意見、株主への営業報告送付時のアンケート調査結果、株主優待へのご意見調査、IRでの投資家サイドからの意見・関心事などについては、適宜経営会議や取締役会などで経営陣へ報告し、必要な対応を取っております。
     
  5. インサイダー情報については「インサイダー取引防止規程」、「情報開示規程」にインサイダー取引防止のためのルールを定め、社内徹底に努めその発生がないよう注力しております。また、各四半期末日から当該決算発表日までは「沈黙期間」として業績に関するコメントや質問への回答は控えさせていただいております。