少子化の進展・結婚適齢期人口の減少を背景に、挙式・披露宴件数は今後も緩やかな減少傾向

少子高齢化の影響は受けるものの、2025年も1兆円産業である見込み

伝統や格式にとらわれないオリジナルな挙式・披露宴志向が高まり、ハウスウェディング市場のシェアが上昇

ウェディング市場は上位企業による寡占化が進んでおらず、シェア拡大の余地が大きい魅力的な市場

景気が低迷する中でも、結婚式にかける費用は年々増加傾向