情報開示の基本方針

当社グループは、株主・投資家の保護及び取引の公正性の観点から、関連法令及び証券取引所が定める適時開示規則を順守し、投資判断の根拠となる情報を適時・適切に開示してまいります。

情報開示の方法

適時開示規則において適時開示の対象とされている情報の開示は、適時開示情報伝達システム(TDnet)にて公開しております。当社グループは、IRウェブサイトを株主・投資家の皆さまに対する重要な情報発信源のひとつと考えており、適時開示規則に定める開示義務に該当しない情報に関しても、投資家の投資判断に影響を与えると考えられる情報につきましては、積極的に開示していく方針であります。

沈黙期間

当社グループは決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、各四半期終了日から当該四半期の業績発表までの間を沈黙期間としております。この期間は、当該四半期の決算情報に関する対外的コメント及び問い合わせへの回答は差し控えさせていただきます。ただし、既に発表した業績予想と大きく外れるような見込みが発生した場合は、適時開示規則に従い適宜公表致します。

将来の見通しについて

IRウェブサイトに掲載されている、当社グループの現在の計画、見通し、戦略等は、一定の前提の下に作成した将来の見通しであり、これらは現在までに入手した情報をもとにした判断に基づいております。従いまして、これら見通しはリスクや不確定な要因を含んでおり、経営環境の変化等の事由により、現時点の見通しとは異なることがあり得ることをご了承ください。

IRウェブサイトにおける株主・投資家情報の位置付け

当IRウェブサイトは、株主・投資家の皆さまに当社の経営方針、計画、財務状況等の情報をご理解いただくことを目的としており、当社グループの株式の購入、売却等、投資を勧誘するものではありません。投資に関する決定は利用者ご自身のご判断において行われるようお願いいたします。また、「ご利用上の注意」もあわせてご覧ください。

適時開示フロー

適時開示手続きに関する事務フローは、以下のとおりであります。

適時開示に係る宣誓書